いい言葉検索

心こそ己の居場所

そのうちに
地獄に天国を
天国に地獄をつくる

(ミルトン)
 671




【コメント】

心を放置していると、
いとも簡単に、
浮沈みを繰り返す。
自立していない証拠なんだろうか。

確かに、完璧とまではいかないけど、
ある程度、自立してくると、
周囲の浮沈みに関係なく、
心は安定してくるよね。

鈍くなったのではなく、
あるがままを受け入れ、
物事の本質が見えてくるので、
それほど左右されることもないのだ。

天国に行けるか、
地獄に行けるか、
その真相すら知らない私たちは、
今、必要以上にそれを心配することなく、
まず、心に天国をつくること。
平安な場所をつくること。

それが出来るようになったら、
おそらく、その先に、
本当の天国が見えてくるのではないだろうか、
と思ったりする。

だって、心の天国を経験したことのない人が、
本当の天国に行けるわけがないように思うよ。
もし、心の天国がどうしても分からない人は、
それを実現している人に
近づいてみたらいい。

きっと、ヒントが見つかるはず…

(参考)
金持ち父さん貧乏父さん(ロバート・キヨサキ)


<< 前画面へ戻る