いい言葉検索

不満を言うほど、
人生は悪いものじゃないから。

(アシュリーの言葉)
 1895




【コメント】

通常の8〜10倍のスピードで
体が老化してしまうという
プロジェリア患者さん。

今日の言葉は、その一人、
14歳のアシュリーちゃんが
語ったものです。

「時間よ、遅くなれ!」
と言っても、
周囲の誰よりも速い
時計のスピードは
変わってくれない。

やり残したままのことが、
どんどん置き去りになっていく。
これで、不満が出ない方がおかしい。

以前紹介した「引き算の人生」
という詩を思い出しました。

「人生は足し算だと思っていました。
 学校へ行って新しいことを勉強し、
 できなかったことができるようになる。
 友達をつくる。
 知識や技術を身につける。
 働いてお金をもうける。
 服を買う、車を買う、家を建てる。
 足りないものは足していく。

 …

 (でも、病気になって)
 今までできたことが、
 できなくなりました。
 やりたくてもできないこと、
 どんなにしたくても、
 やってはいけないことも
 増えました。

 それから人生は引き算になりました。
 たくさんあることの中から、
 ほんとうにしなければならない
 ことだけを残す引き算です。」
 (傷つきやすいあなたへ、木村藍)

ポイントは、
人生に不満があるかどうかでなく、
不満を言う人間でいたいかどうか、
だと思うのです。

他人から見れば、
「そんなことなんか」
と思えることにでも、
当の本人は、きっと
不満を見つけられる。

人生って、そんなもの。

だからと言って、
誰かと比べた上で
満足するのも違うけれど、
不満に埋もれた自分だけには、
なりたくないですね。

(参考)
アシュリー〜All About Ashley〜(アシュリー・ヘギ)


<< 前画面へ戻る