いい言葉うらない …悟りの言葉

嫌なものを見ようとすれば、
どこにでもある。

ただ美しいものを意識的に求めれば、
それだってどこにでもあるわけで、
せっかく開いた目で見るのであれば、
美しいものの方がいい。

(路、吉田修一)
 5781




【コメント】

昨晩のニュースで、
景気の「気」は、
気持ちの「気」だ、
というコメントがあった。

なんだか、
よくなっていきそうだ、
という国民の気持ちが、
お金の巡りを良くするのだろう。

今の日本では、
どこをどう見たら、
そんな気持ちになれるのか、
みんな、迷っているように思う。

私もそうだ。

あ、いい感じだ、
と思ったことが、

ちょっと目を離した瞬間に、
見失ってしまって、

「あれ、何を見たら、いいんだろう…?」

みたいなことになっているんじゃないだろうか。

ただ、
心が明るくなるようなことを見たい、
という気持ちが、

強すぎる欲望になったりすると、
罠にハマって、だまされたりもする。

人間は、だまされると、
警戒してしまう。

警戒心が強い時には、
目に見えること、
耳に聞くこと、
心に入ること、
いろんなことに、
疑いが生じることでしょう。

それじゃあ、明るくなれるわけがない。

感動することも難しい。

どこをどう見るか、
生きるって、きっと、
そういうことだ。

(参考)
路(吉田修一)


<< 前画面へ戻る