いい言葉検索

われらは何事もなしておらぬのに、
空は青々と美しい。
時に曇り、雷雨ともなるが、
いずれ青空が戻ってくる。

それを信じれば何があろうとも
悔いることはない。
いずれ、われらの頭上には
かくのごとき蒼天が広がるのだ。

(蒼天見ゆ、葉室麟)
 7649




【コメント】

幸せとは何か。

天気でいえば、
いつも晴れている日々の
ことだろうか。

一切、雨など降らない日々が
ずーっと続くことだろうか。

そんなことを思うと、
幸せとは、
どんな空模様の時にも、
自分のなすべきことを見つけ、
それに夢中になって
その日その日の天候を
過ごすことなんだろうと思う。

言葉にすると、
とても簡単だが、
実際のところは、
けっこう難しいだろう。

心穏やかになれない空模様が
ないわけがない。
思いがけない邪魔が
入らないとも言い切れない。

空の天気は
変えられないが、
自分の心の天気くらいは
自分で変えられるように
なりたいものです。

(参考)
蒼天見ゆ(葉室麟)


<< 前画面へ戻る