いい言葉検索

決して、あなたのすることではない。
あなたの失敗を大げさにするのは…

それは、頼まなくても、
あなたの周囲がしてくれるでしょうから。

(英語)
Never exaggerate your faults.
Your friends will attend to that.

(ロバート・C・エドワーズ)
 6600




【コメント】

この言葉を考えるにふさわしい事件が
このお正月に起きました。

おっちょこちょいの次女が、
お年玉の入っていた財布を
落としたのです。
全額もってきていたわけではないので、
幸いにも、損失金額は2,656円。

そして、ポイントは、
その事件に気づいた時の家族それぞれの対応。

長女
「○○、何やっているのよぉ〜〜。」

父(私)
「○○は、いつも落ち着きないもんな。
 だから、走るなって、言ってるだろ〜。」

母(妻)
「○○、探しに行こ!」

三女
「…」(ひたすら、フライドポテトを食べている)

明らかに、長女と私は騒ぎ役担当。
金額がもっと大きかったら、
私の怒りもさらに…だったことでしょう。
未熟な人間でございます。(笑)

そんな私が、説得力のないことを
書いてしまうことになるわけですが、

やはり、失敗をあらためさせたいなら、
その時点で必要なことに目を向けるべき。
(幸いにも、次女にとっては良い経験だった様子…)

何か失敗が起きた時には、
自分と周囲の本心が明らかになります。

いい気味、と思っているか。
もともと無関心だったのか。
単に面白がっているだけか。
それを通して、自分の正当性を訴えたいか。
それを本当に解決したい、と思っているか。

失敗は、自分自身を見つめるうえでも、
あなたの本当の友だちを確かめるうえでも、
いいチャンスかもしれません。

いずれにしろ、
失敗は学びの時です。
騒ぐ時ではありません。

(参考)
道は開ける(ディール・カーネギー)


<< 前画面へ戻る