いい言葉検索

「悲劇」こそ
行動の世界であって、
それは運命であり、
生きがいである。

(一平 かの子、岡本太郎)
 5890




【コメント】

うちの中1三女の話。
期待していたほど、
同じ部活に入って
くれる友達がいないため、
ガッカリしていた。

私としても、
あまりにも、
期待はずれだったので、
いっしょになって、
ちょっと気を落としていた先週。

でも、考えた。

生きていれば、
ガッカリすることは、
けっこうたくさんあるけれど、

しばらく時間が経ってみれば、
それほど、たいしたことじゃなかった、
いや、むしろよかった、
ということは、意外と多い。

すごい悲劇は、
あまり歓迎しないが、
ガッカリすることがあるのは
大切だと思う。

ガッカリして初めて、
どうしたらいいかって
考え始める。

当たり前だと思ってたことや、
期待ばかりして
何もしてなかった自分に、
気づいたりする。

がんばってたつもりだけど、
まだやれることがあったんだ、
と思い直すこともある。

人間は欲があるから、
ガッカリすることがない人生なんて、
きっと、ありえないだろう。

それがいいのだ。

ガッカリに強くなろう。

(参考)
一平 かの子(岡本太郎)


<< 前画面へ戻る