いい言葉検索

傷つき迷える者たちへ

敗北とは
傷つき倒れることではありません
そうした時に自分を
見失った時のことを言うのです

強く心を持ちなさい
あせらずにもう一度じっくりと
自分の使命と力量を
考え直してみなさい
自分にできることはいくつもない
一人一人がもてる最善の力を尽くす時
たとえ状況が絶望の淵でも
必ずや勝利への光明が見えるでしょう

(ダイの大冒険、三条 陸)
 5198




【コメント】

ポンさんからの投稿です。

事実は分からない。

傷ついたと思っていて、
実は傷つけたのかもしれない。

仮に、自分は
傷ついた被害者だと思っていても、
もし、周囲の人々が
あなたこそ、傷つけた加害者だ、
と思っていたら、
二重に傷つくだろう。

いや、私は、
こんなに傷ついているんだ、
と傷口を見せようとしても、
それで傷が癒されるわけでもない。

見てもらえなければ、
ますます傷の痛みを
実感するばかりだろうから…

痛みには、本当の痛みと、
その痛みを分かって
もらえない痛みの2つがある。

いずれにしろ、
傷の痛みを感じすぎれば、
自分を見失いやすい。
時に、気を失う?

理解してもらいたい思いから、
心を取り戻した方がいい。
そうしないと、心は
強く立っていられないからね。

(参考)
ダイの大冒険(三条 陸)


<< 前画面へ戻る