いい言葉検索

森が燃えていました。
ハチドリはくちばしで
水を一滴ずつ運んでは
火の上に落としていきます…

「そんなことやって何になるの?」
「私は、私にできることをしているだけ」

(ハチドリのひとしずく−いま、私にできること、辻 信一 )
 4724




【コメント】

真面目すぎて、
あまりにも本気すぎて、
周囲に面倒くさがられる人がいます。

もっとリラックスしてくれたら、
もっと適当にやってくれたら、
そう思われながらも、
決して、その手を抜かない。

すると、周囲はイヤでも、
何かをしなければいけない状況に
追い込まれてしまう。

「お前さえ、休んでくれたら、
 俺たちだって楽できるのに…」

そう思われながらも、
なんだかんだ言って、
人を動かして、
何かを達成している人もいる。

もし、その当人が、
自分のやっていることに対して、
どう思われるかを考えたり、
何かを期待し始めたら、
そういうことは成し遂げられない。

「本気は、相手や自分を
 苦しめてしまうことも
 あるとは思います。」
 (最近のほぼ日メールより)

自分をも、誰をも苦しめずに、
何かを成し遂げることって、
出来ないのかもしれない。

どうしても、それを避けたいのなら、
何もしないことを選ぶしかない。
流されるだけ流されればいい。
そうしたら、誰も
傷つけていないようには見える。

本当は、見えるだけなんだけどね。
誰も苦しめたくない、なんて、
きっと無理なお願いなんだよ。

成長する時には、誰でも苦しむ。
虫だって、脱皮の時には苦しんでるはず…

(参考)
ハチドリのひとしずく−いま、私にできること(辻信一)


<< 前画面へ戻る