いい言葉検索

成就した恋ほど
語るにあたいしないものはないが、

成就しなかった恋ほど
語るにあたいしないものもない。

(美女と竹林、森見登美彦)
 4552




【コメント】

うまくいったことを自慢する人もいれば、
うまくいかなかった「経験の多さ」の
「苦労話」をしたがる人がいる。

いずれにしろ、
自慢話なんぞ、人は、
あんまり聞きたくない。

その同じ人間が、
自分については、無意識に
そんな話をしてしまうことがある。

自分の経験だけが、
特別なことはない。

もし、そこに
学ぶことがあるとするなら、

自分が自分の経験だけを
特別だと思っているように、

他人はその人自身の経験だけを
特別なものだと思っている。

その人の心に、自分の美談を
押し入れることなど出来ない。

せいぜい出来ることといったら、
ガマンして聞いてもらうことだろうな。

それを知らないで、
誰彼かまわず、延々と
「自分の話」ばかりする人は、
それこそ、空気が読めてない。

ああ、でも時々、
自分の話に夢中になって、
自分もそんなふうになってるなぁ。

だから、
その話を忍耐して聞いてくれる人が
いるってことは、幸せなことだなぁ。

(参考)
美女と竹林(森見登美彦)


<< 前画面へ戻る