いい言葉検索

どんなに堅実に計画し、
実行に移したとしても、
一瞬ですべてが崩れることはある。

(まほろ駅前番外地、三浦しをん)
 4278




【コメント】

私よりも若い知人(女性)が、
ガンと診断された。

手術の予定は、
3月14日の予定だったらしい。

そこに、ちょうど、
東日本大震災が起こり、
停電やらなにやらで、
手術は取り消しとなった。

もともと、
かなり進んでいたガンだったらしく、
今となっては、彼女のご主人が、
現実を受け入れようとしている姿に
苦悶を感じられる。

元気な子どもも生まれ、
幸せな家庭を思い描いていたところ
だっただけに、なんか、見ている側も
どう対応していいか分からない。

計画が壊れた原因に、
もしも「人」という要素があれば、
その人を非難したり、
恨みたくもなったりする。

しかし、自然の力、
震災には、それをするのも、
なんだか虚しい。

やっぱり、そもそも、
万全の計画などない。
100%失敗しない企画もない。

全力でやったからといって、
必ず成功するという約束もない。

とにかく、やってみて、
結果を受け入れるしかない。

思い通りに
いかない時もあるから、
といって、
最初から計画も立てず、
なんの行動も起こさなければ、
それも、また意味がない。

計画は破れても、
今を精一杯生きる。
人々の生きる姿から、
それを学んでいるところだ。

(参考)
まほろ駅前番外地(三浦しをん)


<< 前画面へ戻る