いい言葉検索

日記には
その日その日に重要だと
思われる事柄を書きつけるわけだが、
何が一番重要なのかは、
その時にはわからないものだ。

(喜びのおとずれ、C.S.ルイス)
 3986




【コメント】

今年も、残り2日。

1年分、365日の日記を
ずーっと書き続けていると、

毎日のように行っていることは
書く気にならないもんです。

そうじゃないですか…?

その日にあった、
いつもとは違うことなら、
書きたくなる。

そういうことがなかった1日は、
なんとも、無味乾燥な内容になる。

けれども、
10年後にでもなって
あのときは毎日何をしてたんだろう、
ってことを考えることはないかな、
なんてことも考えたりします。

日記を読み返せば、
当時考えていたことや、
起こった事件は分かるけれど、

そのときの日常が見えない、
っていうのは、なんだか、
もったいない気もします。

いまの自分を作っているのは、
特別に起こった事件とか出来事よりも、
それに立ちむかうために
積み重ねていた毎日のほう。

未来の自分にとって、
大切なことは何だろう、
未来の自分が読んだときに
ためになることって何だろう、

そういう視点で、
新年の日記を書き始めるのも
いいかもしれない。

(参考)
喜びのおとずれ(C.S.ルイス)


<< 前画面へ戻る