いい言葉検索

洋の東西を問わず、
成功者に対する嫉妬は根深い。

(外科医須磨久善、海堂尊)
 3180




【コメント】

嫉妬されたり、
邪魔されたり、
悪口、陰口を言われたりすると、

それに対抗しようとしたり、
弁明したりする人がいる。

きっと、それは、
無駄に終わる。

嫉妬は、1つのことで
終わらない。

嫉妬は、
自分と相手との間に、
根本的な違い、もしくは
劣等感、コンプレックスを
感じてのものだから、
本人が止めると思わない限り、
止めることの価値を見出さない限り、
いつまでも、癖のように、
その行動、感情を続けてしまうもの。

だから、
その嫉妬されての行動に、
対抗しようとすることは、
時間の無駄になることが多いのだ。

最終的には、
相手が距離をとっていくか、
自分から距離をとっていくか、

はたまた、
偶然に離れ離れになるか、
そのいずれかでない限り、
どうしようもならない。

ただし、
その話には続きがあって、
嫉妬深い人は、
次の環境で出会う人に対して、
また嫉妬心を燃やすに決まっている。

だから、心休まるときが、
残念ながら、来ない。

なんで、私は、
いつもこんな気持ちになるの?

と自問しながら、

時には、周りから、
そんなこと気にしなければいいじゃん、
と言われながらも、
嫉妬心はおさまらないものなのだ。

人間の中には、
多かれ少なかれ、
嫉妬心があるもんだろうけど、

それをいくらか抑えられないと、
自分が押しつぶされてしまって、
なすべきことが出来なくなるんです。

冷静に、冷静に。

(参考)
外科医須磨久善(海堂尊)


<< 前画面へ戻る