いい言葉検索

生きるってすごく
無様なことなんですよね。
でも、それが人間らしく、
逆にいとおしい。

人が一生懸命
生きているときの
不細工な顔や必死の形相って、
実はすごく美しい。

(雑誌「ダ・ヴィンチ」、小西真奈美)
 3145




【コメント】

カッコつけようとすると、
かえって、カッコ悪い。

冷静に見せようとすると、
心がますます揺れ動く。

外に出て美しい姿ばかりを
意識していると、
家に帰ってきたときの
自分とのギャップが、
どことなく虚しい。

泣いて、笑って、
怒って、苦しんで、
もがいてもがいて
人は進んでいく。

そういうことが
分かっていても、
そういう瞬間には、
やっぱり、
面倒くさいというか、
スカッと進みたい気持ちは、
どこかにあるから、
無様な姿を見せなくて済む方法を
探してしまう。

しかし、
そういう選択をすることで、
かえって、問題が山積みになって、
にっちもさっちもいかない状況を
作り出すことにもなる。

無様に生きる道こそが大切。
そこに、本当の幸せが
あるかもしれない。

今日から、無様に
生きてみようと思います。
心が穏やかになるように。

(参考)
のんちゃんのり弁(入江 喜和)


<< 前画面へ戻る