いい言葉検索

人間はめいめい
自分の解釈を
つくろうとしている。

つくらずには
いられない存在で
あるらしい。

(思考の整理学、外山滋比古)
 3091




【コメント】

解釈をつけると、
スッキリするもんです。

問題が解決したような
気分にさえなります。

でも、問題というものは、
解釈によって解決したわけでなく、

そもそも、
問題なんかなかったのに、
最初の、間違った「解釈」で
自分を悩ませ、苦しめ、

後になって出てきた「解釈」で
救われただけのことも
少なくないように思います。

そういう事実を見てみれば、
本当のところ解釈なんて
どうでもいいという感じがします。

みんなみんなが、
自分に都合のよい解釈を
していれば、ハッピーかな…?

そうすると、
人間が生きていくために
鍛えるべきは、
この「解釈力」というもので、

1つの解釈しか出来ない人間は、
いつも行き詰まり、

何通りもの解釈が出来る人間は、
自由に羽ばたけるのかもしれません。

行き詰ってしまう自分を
感じたら、その時こそが、
解釈のパターンを増やす時。
そう思えたらいいなぁ。

(参考)
思考の整理学(外山滋比古)


<< 前画面へ戻る