いい言葉検索

限界を超えてからが
本当の練習です。

(斎藤清)
 2572




【コメント】

1982年から2009年
といえば、27年間。

その間に、
卓球の全日本チャンピオンに
8回なったという斎藤清さん。

昨日、その全日本大会で、
男子では前人未到の
100勝に到達した。

彼が言っている練習訓。

「限界を超えてからが
 本当の練習です。」

苦しい言葉ですが、
本当にそうだと思います。

今出来るレベルの練習を
毎日毎日くり返すことでさえ、
それほど容易なことでなく
大変かもしれませんが、

さらに強くなるためには、
そこをちょっとでも超えて、
今の自分にプラスするものが
見つからなくてはいけない。

ハッキリ分かっているのは、
目標はもう、
全日本チャンピオンじゃない。

だけど、あくまで想像ですが、
今の年齢、体力から言えば、
若い頃にそれを目指したハードさと、

今目指している、
ささやかな勝利を
勝ち取るためのハードさは、
けっこう似ているんじゃないか、と。

100勝になり、
さあ101勝だと臨んだ戦いでは、
負けてしまいましたが、

若い世代をビビらせるような試合を
次の大会でもやってくれる気がします。
まだ46歳ですからね。

励みになります。

(参考)
男道 (清原 和博)


<< 前画面へ戻る