いい言葉検索

一枚の葉にとらわれては
木は見えん 

一本の木にとらわれては
森は見えん

どこにも心を留めず
見るともなく全体を見る 

それがどうやら「見る」ということ 

(バガボンド4巻、沢庵のセリフ)
 2073




【コメント】

■投稿者:ちいぺい

「ものをみる視点」の大切さを
痛感しました。
熱くなりすぎず、冷めすぎず、
その場、その時に合った、
ちょうどいい温度(視点)を
選ぶことの大切さ学びました。

人間関係においても、
仕事においても
すごく大切なことだと思います。

■Shu

宮本武蔵の「五輪書」に、
こんな言葉もあります。

「兵法の道における心の持ち方は、
 平常の心と変わってはならない。
 つねのときも、合戦のときも、
 少しも変わらず、広い視野から
 真実を見きわめ、緊張しすぎず、
 少しもだらけず…」

いい心の状態だなぁ、って言葉でした。
そうありたいです。

(参考)
ゆとりの法則(トム・デマルコ)


<< 前画面へ戻る