いい言葉検索

興味の幅が広がらず、
同窓会に行きたくなったり
昔話をしたくなったりしたら
成長が止まった証拠です。

(船井幸雄)
 2026




【コメント】

■投稿者:apple

なんか納得。

■Shu

まずは、誤解のないように…

同窓会にケチつけているじゃないんですよ。
(お盆の今はちょうど、帰省先で、
 同窓会、同級会シーズンかな?)

体は、必ず成長が止まります。
身長は伸びなくなり、
体力もいくらか衰え、
男性の場合は、必要なものが、
(たとえば、 髪の毛なんぞが…)
少なくなるのです。

体の成長停止は、そんなことで
知ることが出来ますが…

心の成長停止は、何で計れるかと言えば、
心が前に向いているか、
後ろに向いているか、
というところでしょう。

何も、いっつも、四六時中、
前ばかり見て、
世の中の速い変化についていけ、
と言っているのではありません。
時には、後ろを振り返ることも
必要でしょう。

昨日よりも今日、
今日よりも明日、
いくらかでも自分を前に進める気持ちが
大切だと思うんです。

それがなくなると…

実は、このShu、あんまり同窓会とか
同級会とか行きたいタイプの
人間でないんです。
昔、あまりにも恥ずかしいことばかり
していて、

とかじゃないんですけど…
何でだろうなぁ、と思っている時に、
船井幸雄のこの言葉に出会いました。

つまり、まだ、
前に進みたい、変わりたいから、
ということでしょう。

そうなると、
自分が婿になった理由とか、
独立した理由とか、
こんなこと(?)している理由とか、
が分かるような気がします。

まだまだ、
反抗したいだけの
ワカゾーなのかもしれません。

(参考)
言いまつがい(糸井重里)


<< 前画面へ戻る