いい言葉検索

生きるということの
1/3は哀しみで出来ている
生きるということの
1/3は悔しさで出来ている
残りの1/3はね
笑うことで出来てるはずさ


1/3は何処まで行っても
割り切れることがないように
生きるということも
何処まで行っても
割り切れないのかな

(生きることの1/3、さだまさし)
 1640




【コメント】

人生を1/3に分けて考えてみる。
面白い試みですね。

たとえば、
1日の生活だって、
1/3が眠る時間、
1/3が働く(学ぶ)時間、
残りの1/3は何だろう…

人それぞれかな。
準備の時間、遊ぶ時間、待つ時間、
コミュニケーションの時間、など。

いずれにしろ、
何か割り切れない1/3が
きっとあるんだろう。

割り切れない人生を、
むりやり余りもなく
割り切ろうとするから、
どこかに歪みが出てくる。

自分の思い通り、
割り切れなくてもいいじゃない。

余りがあっても、
不足があっても、
いいと思うんです。

たとえば、10÷3。
1余る、でも、
12には2足りない。

割り算では、
余りも不足も
同じことなのだ。  
見方を変えた時の
表現が違うだけ。

余りは誰かに分けて、
申し訳ないけど、
不足は誰から分けてもらう。

そんな考え方で生きていけば、
割り切れない人生も、
悪くない。

私の不足は誰かの余りで、
誰かの不足は私の余りだったり
することもあるわけだから。

もっと気楽に、
1/3の人生を生きよう。

(参考)
夢のつづき(さだまさし)


<< 前画面へ戻る